アップライトローイング

肩や背中の筋肉を発達させます。
力強い上半身を作るための基本的なトレーニングです。

グリップによって肩と背中にかかる負荷の比率が変化します。

(手幅を狭めて)

■鍛えられる部位(主導筋)・・・三角筋(肩)、僧帽筋(背中)、上腕二頭筋(腕)
主に三角筋全体と僧帽筋が鍛えられる。
グリップの幅が狭いと主に僧帽筋(背中)が鍛えられ、グリップの幅が広いと主に三角筋(肩)が鍛えられる。

■動作方法・・・
1、任意の手幅でバーベルをつかみ、まっすぐ立つ。
2、バーベルを体に沿って顎まで引き上げる。
3、ゆっくりとコントロールしながら元の位置まで降ろす。

■バリエーション・・・
1、ダンベルで行う – 「ダンベルアップライトローイング」


2件のトラックバック

コメントを残す