バーベルフロントレイズ

バーベルフロントレイズは肩の筋肉を鍛えるトレーニングです。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・三角筋(肩)、大胸筋上部(胸)
主に三角筋の前部が鍛えられるが、三角筋中部や後部、大胸筋上部にも効果がある。

わずかではあるが、棘下筋、僧帽筋(以上背中の筋肉)、前鋸筋(脇の下のギザギザした筋肉)、上腕二頭筋(腕の筋肉)も作用する。

 

■動作方法・・・
1、バーベルを肩幅に持ち、まっすぐ立つ。
2、腕が水平になるまでバーを持ち上げる。
3、ゆっくりとコントロールしながら元の位置まで降ろす。

 

■ワンポイントテクニック
腕を水平よりも高く挙げると三角筋の中部と後部の作用が大きくなる。
腕が垂直になるまでバーベルを挙げることも可能。
ただし、動作の後半には、全体としての負荷が小さくなる。

 

■注意・・・
このトレーニングでは重い重量をあつかうよりも、十分にコントロールできる軽い重量でゆっくり行うことで最大の効果が得られる。

 

■バリエーション・・・
1、二つのダンベルで行う – 「オルタネイトダンベルフロントレイズ

2、一つのダンベルで行う – 「ワンダンベルフロントレイズ


コメントを残す