ディップス(ディッピング)

ディップスはある程度の筋力を前提としたトレーニングです。
十分に行えない場合は他の胸のトレーニングで胸を強化してから行いましょう。

チン二ング・ディップススタンドを利用したり、公園にある平行棒などを利用して行うことが出来ます。
椅子や机を2つ並べれば器具を持っていなくても自宅で行えるかもしれません。
ただ、このときは机や椅子が壊れないように注意してください。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・大胸筋(特に下部)、三角筋(肩)、上腕三頭筋(腕)
大胸筋の下部を強化し、発達させます。

動作方法・・・
1、平行棒のバーで体を支え、腕を伸ばして足を浮かせる。
2、上体を前傾させバーが胸の高さにくるまで腕を曲げる。
3、肘を伸展して体を押し上げる。

注意・・・
肩関節を傷めないように注意すること。
肩関節に違和感がある場合は行わないこと。

バリエーション・・・
1、加重して負荷を増やす
負荷が足りなくなってきたら加重しましょう。
ディッピングベルトや柔道の帯、ロープなどに重りを巻きつけて加重できます。

2、状態の前傾を抑える
上腕三頭筋に負荷を集中させることができます。
関連三頭筋狙いでディップス


1件のトラックバック

コメントを残す