ダンベルベンチプレス

ダンベルベンチプレスは胸筋を鍛えるための基本的なトレーニングです。
ベンチプレスよりも可動域を広く取れるのが特徴です。
また、ベンチプレスよりも自由度が高いため、胸筋により多角的な刺激が得られます。

動画では、ボトムポジションで手の平が足の方を向き、トップポジションで手の平が向き合うようにダンベルを持っています。
(個人的に、管理人の経験ではこれが一番やりやすかったです。)

■鍛えられる部位(主導筋)・・・大胸筋(胸)、三角筋(肩)、上腕三頭筋(腕)
特に大胸筋が強化されます。

■動作方法・・・
1、ダンベルを持ってベンチに仰向けになり、両足をしっかりと地面につける。
2、ダンベルをまっすぐに押し上げ、腕を完全に伸展させる。
3、肘を曲げ、ゆっくりとダンベルを降ろす。

■注意・・・
1、スタートポジションに持っていく際に、寝転がる勢いを使ってダンベルを胸まで持っていくとよい。(動画参照)
慣れていない場合は注意して行うこと。

2、トレーニングが終わったらダンベルを落とせるように、左右にクッションなどを置いておくと便利。(動画参照)

■バリエーション・・・
1、角度をつけて行う – 「インクラインダンベルベンチプレス
大胸筋の上部への刺激を増やすことができます。

2、左右交互に挙げる – 「オルタネイトダンベルベンチプレス」
通常よりもアンバランスな状況でのプレスとなります。

3、角度をつけて行う+左右交互に挙げる – 「インクラインオルタネイトダンベルベンチプレス」

4、手の平が常に足の方または内側を向くようにして行う。


2件のトラックバック

コメントを残す