ダンベルフライ

ダンベルフライは胸筋を鍛えるトレーニングです。
大胸筋を個別に鍛えられる種目です。(アイソレーション種目)

ダンベルフライには大胸筋を肥大させ強化するだけでなく、胸郭を広げ、またその結果として肺活量を増大させる効果もあります。
また、筋肉の柔軟性を高める効果も持ちます。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・大胸筋(胸)、三角筋(肩)、上腕二頭筋(腕)
作用する筋肉は主に大胸筋に限られます。

■動作方法・・・
1、ダンベルを持ってベンチに仰向けになり、肘を軽く曲げたまま腕を横に開く。このときに大胸筋がストレッチされる。
2、弧を描くようにダンベルを垂直まで挙上する。
3、動作の最後にダンベルどうしを押し付けて大胸筋への刺激を増やすテクニックもある。

■注意・・・
このエクササイズでは重い重量をあつかうことはできない。
また、重い重量で行ってはならない。
ひじを軽く曲げることで間接にかかる負荷をやわらげることができる。

■バリエーション・・・
1、角度をつけて行う – 「インクラインダンベルフライ
大胸筋上部の負荷を増やすことができる。


1件のトラックバック

コメントを残す