ダンベルプルオーバー(ストレートアーム)

ダンベルプルオーバーは胸、背中、腕といった数多くの筋群を強化します。
また、それだけでなく、胸郭を広げ、肩まわりの柔軟性を高める効果まであります。
胸郭が広がる結果として、心肺機能の改善も期待できます。
ストレートアームで行うことにより、ベントアームで行う場合よりも大きなストレッチが得られ、より胸郭を広げ、肩まわりの柔軟性を高める効果が期待できます。

ダンベルプルオーバー(ストレートアーム)

■鍛えられる部位(主導筋)・・・大胸筋、小胸筋(胸)、大円筋、菱形金、広背筋(背中)、前鋸筋(脇の下あたりのギザギザした筋肉)、上腕三頭筋長頭(腕)
胸や背中の広い範囲に効果がある。
前鋸筋や小胸筋のように、ベンチプレスだけでは十分に刺激できない筋肉にも大きな刺激をもたらす。

■動作方法・・・
1、ひとつのダンベルを持ち、ベンチに仰向けになる。
2、プレートの部分を手のひらに乗せ、プレートを両手でおおうようにダンベルを持つ。
3、ダンベルを頭の後ろに降ろす。
このとき、わずかにひじを曲げて間接にかかる負担を軽減させる。
4、ダンベルをもとの位置まで押し戻す。

■注意・・・
ストレートアームで行う場合は特に、重い重量で行ってはならない。

■バリエーション・・・
1、ひじを曲げて行う – 「ダンベルプルオーバー(ベントアーム)
より高重量があつかえます。

2、クロスベンチで行う – 「クロスベンチプルオーバー」
ベンチを横にして使うことで、より強いストレッチが得られる。

3、バーベルで行う – 「バーベルプルーバー(ストレートアーム)」「バーベルプルーバー(ベントアーム)
(ストレートアーム)

(ベントアーム)


1件のトラックバック

コメントを残す