ワンハンドローイング

背中全体の筋肉を発達させるトレーニングです。
広背筋を完全にストレッチした状態から、完全に収縮した状態までフルに可動域をとることが可能です。
ワンハンドロウと記載されることもあります。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・広背筋、大円筋、菱形筋、僧帽筋(背中)、三角筋後部(肩)、上腕二頭筋、上腕筋(腕)、腕橈骨筋(前腕)など
背中の筋肉を全面的に発達させます。

■動作方法・・・
1、ダンベルを片手に持ち、ひざと腕をベンチにつく。
2、状態を固定したまま、背中の力を使ってダンベルを高く持ち上げ、ひじを後方にひく。
3、動作の最後で胸を軽くひねると背中の筋肉を最大限収縮させることができる。

■注意・・・
初心者は腕や肩の力に頼って動作を行ってしまうことが多い。
腕から先は無駄な力を抜き、肩甲骨を引き上げる意識で行うとよい。

■バリエーション・・・
1、立って行う – 「スタンディングワンハンドローイング」
違った角度から刺激を与えることができる。

2、立って両手で行う – 「スタンディングダンベルローイング」
両側を同時にトレーニングできる。


1件のトラックバック

コメントを残す