バーベルシュラッグ

バーベルシュラッグは背中から首にかけてに筋肉(僧帽筋)を鍛えるトレーニングです。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・僧帽筋(背中)

■動作方法・・・
1、肩幅よりもやや広めにバーベルを持って立つ。
2、肩をすくるようにして肩をなるべく高く上げ、ハーベルを引き上げる。

■注意・・・
反動をつけて行うと筋肉を傷める可能性がある。

■バリエーション・・・
1、バーを体の後ろで持って行う。
バーベルの軌道が変わり、筋肉に異なる刺激を与えられる。

2、ダンベルで行う – 「ダンベルシュラッグ
自由度が高まることにより、可動域を広くとれる。


1件のトラックバック

コメントを残す