ダンベルシュラッグ

ダンベルシュラッグは背中から首にかけての筋肉(僧帽筋)を発達させ強化します。
バーベルで行う場合に比べて、可動域を広くとれます。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・僧帽筋、菱形筋(背中)

■動作方法・・・
1、ダンベルを両手に持ち、まっすぐに立つ。
2、肩をすくめるようにしてダンベルをまっすぐに挙げる。

■注意・・・
間接にかかる負担を軽減するために、ひじを軽く曲げて行うとよい。

■バリエーション・・・
1、バーベルで行う – 「バーベルシュラッグ


1件のトラックバック

コメントを残す