バックプレス

肩の筋量を増やすトレーニングです。

スクワットラックやパワーラックからバーを担いで行うのが理想的ですが、地面からバーを持ち上げて行うこともできます。

フロントプレスに比べて、肩の中部と後部への刺激が増します。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・三角筋(肩)、僧帽筋(背中)、上腕三頭筋(腕)
肩を全面的に鍛えられる。

■動作方法・・・
1、肩幅よりも広めにバーを握り、首の後ろに構える。
2、腰を反らしすぎないようにして、バーを真上に押し上げる。
3、ゆっくりと元の位置に戻す。

■注意・・・
このトレーニングを行うには、肩周りにある程度の柔軟性が必要である。
柔軟性が不十分な場合はフロントプレスダンベルショルダープレスで代用するとよい。

■バリエーション・・・
1、座って行う – 「シーテッドバックプレス」
腰への負担が軽減されます。

2、バーを胸の上に降ろす – 「フロントプレス
三角筋前部と大胸筋上部への負荷が増えます。


コメントを残す