オルタネイトダンベルフロントレイズ

三角筋(肩の筋肉)の前部と中部を発達させるトレーニングです。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・三角筋(肩)、大胸筋上部(胸)、僧帽筋(背中)
特に三角の前部が刺激されるが、三角筋の中部にも効果がある。

■動作方法・・・
両手に一つずつダンベルを持ち、まっすぐ立つ。
ダンベルは太ももの前、または少し横に持つ。
腕を伸ばしたまま、腕が水平になるまでダンベルを挙げる。

■注意・・・
このトレーニングでは高重量をあつかうよりも軽い重量でゆっくりと行った方がよい。
重い重量を用いると肩を痛める可能性がある。

■バリエーション・・・
1、両手同時に行う – 「ダンベルフロントレイズ

2、インクラインベンチを使う – 「インクラインダンベルフロントレイズ」
背もたれの角度を変えることで、スティッキングポイント(負荷が最大になる位置)を自由自在に選択できる。

3、一つのダンベルを持って行う – 「ワンダンベルフロントレイズ

4、バーベルを用いて行う – 「バーベルフロントレイズ


2件のトラックバック

コメントを残す