クランチ

クランチは現在、腹筋のトレーニングとして最も取り入れられているエクササイズと言えるでしょう。
僅かなスペースさえあれば行える手軽さも魅力です。

・鍛えられる部位(主導筋)・・・腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋(腹筋)
特に腹直筋が鍛えられ、胴体の筋力がアップする。

動作方法・・・
1、仰向けに寝て足を地面につけ膝はゆったりと曲げる。
2、手はおなかの上で組み、腹筋の収縮を感じながら肩甲骨が地面から離れるくらいまでゆっくりと上体を起こす。
このとき、腹筋の上部から下部までを意識して行うこと。
(フォームが確立したら頭の後ろに手を置いて行ってもよい。)
3、肩甲骨が地面に触れるまでゆっくりと上体を降ろす。

注意・・・
正しくクランチを行った場合20~30回しか行えないはずである。
もし100回位以上もできたらフォームが正しくない可能性がある。
この場合、もう一度フォームを確認しよう。

バリエーション・・・
1、ひねりを加える – 「ツイストクランチ

2、バランスボールを使う – 「ボールクランチ」

3、壁に足を押し付けておこなう – 「ウォールクランチ」


3件のトラックバック

コメントを残す