シットアップ

シットアップとは、いわゆる「腹筋運動」のことです。
最もよく知られている腹筋のトレーニングと言えるでしょう。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・腹直筋、腸腰筋、外腹斜筋、内腹斜筋(以上腹部の筋肉)
腸腰筋とは、大腰筋と腸骨筋の総称。
動作の前半では、主に腹直筋が作用し、肩甲骨が床から離れるあたりからは腸腰筋をはじめとする股関節屈筋群(股関節を曲げる筋群)が加えて動員される。

■動作方法・・・
仰向けになり膝を曲げる。両足を床につき、両手は頭の後ろに組む。
背中を丸めながら上体を起こす。

■ワンポイントテクニック・・・
強度を低くするためには以下の方法がある。
1、パートナーに足を押さえてもらいながら行う。
2、手を前方に伸ばしながら行う。

■バリエーション・・・
1、プレートで加重して行う。
プレートを胸に抱えることで負荷を増やすことができる。

2、シットアップベンチで行う。
専用のベンチを用いたシットアップ。

3、ロシア式シットアップ
反動をフルに使ったシットアップ。
腹筋の筋肥大はあまり期待できないが、腸腰筋の強化とプライオメトリクス的な効果を期待して行う。


コメントを残す