ドラゴンフラッグ

ドラゴンフラッグはかなり高負荷の腹筋および腸腰筋のトレーニングです。
(腸腰筋とは大腰筋と腸骨筋の総称)
行うためにはそれなりの筋力を必要としますが、効果は絶大です。

■鍛えられる部位(主導筋)・・・腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、大腰筋、腸骨筋(以上腹部の筋肉)、大胸筋(胸)、広背筋、大円筋(以上背中の筋肉)、上腕二頭筋(腕)など

主に腹筋が鍛えられます。
肩まわりはプルオーパーに近い動作になるため、胸や背中にも効果があります。

■動作方法・・・
1、ベンチに仰向けになり、首の後ろあたりでベンチをつかむ。
2、下半身を持ち上げ、体を一直線にする。
このとき、後頭部と両肩のみがベンチについている。
3、体をまっすぐに保ったまま足を降ろしていく。
降ろしきっても尻はベンチにつけない。
4、同じ軌道をたどって体を持ち上げる。

■ワンポイントテクニック
筋力不足でドラゴンフッラッグが行えない場合は、次のいずれかの方法なら行えることもある。

1、膝を曲げて行う。
2、反動を使って体を持ち上げ、降ろすところ(ネガティブ動作)だけしっかり行う。
3、膝を曲げる+ネガティブ動作だけしっかり行う

■バリエーション・・・
1、降ろした状態いでキープ – 「アイソメトリックドラゴンフラッグ」

2、足首に重りをつけて行う。
自重で楽にできるようになったら、アンクルウエイトなどで加重してて負荷を増やすことができます。


コメントを残す