バーベルカール

バーベルカールは上腕二頭筋(力こぶの筋肉)と上腕筋を鍛えるトレーニングです。
その他の腕のトレーニングはこちら

■バーベルカール動画

■鍛えられる部位(主導筋)・・・上腕二頭筋、上腕筋(以上腕の筋肉)
主に上腕二頭筋と上腕筋が鍛えられる。
僅かではあるが、三角筋前部と前腕の筋群も刺激される。

動作方法・・・
1、手のひらが前方を向きようにバーベルを握り、背筋を伸ばしてまっすぐ立つ。
2、ひじを曲げてバーベルを持ち上げる。
3、持ち上げたバーベルをゆっくりと降ろす。

■注意・・・
チーティング(反動)を意図的に用いる場合を除いて、動作の際に反動をつけすぎないように気を付ける。
また、チーティングを用いる場合は十分に注意して行う必要がある。
腹筋や背筋が未発達にもかかわらずチーティングを用いたバーベルカールを行うと、腰の怪我を招く可能性がある。

■バリエーション・・・
1、手幅を広げて行う – 「ワイドグリップバーベルカール」
上腕二頭筋短頭(上腕二頭筋の内側)への刺激が増す。

2、手幅を狭めて行う – 「ナローグリップバーベリカール」
上腕二頭筋長頭(上腕二頭筋の外側)への刺激が増す。

3、反動を使う – 「チーティングバーベルカール」
高重量を扱うことができる。ただし、前述の注意参照。
トレーニング初心者は行うべきではない。

3、逆手で行う – 「リバースバーベルカール
前腕への刺激が増える。

4、ダンベルで行う – 「ダンベルカール
腕に異なる刺激を与えることができる。


コメントを残す