ライイングバーベルトライセプスエクステンション

ライイングバーベルトライセプスエクステンションは上腕三頭筋(二の腕の部分の筋肉)を全面的に鍛えることができるトレーニングです。
その他の腕のトレーニングはこちら

■ライイングバーベルトライセプスエクステンション動画(バーベルを頭の先に下ろした場合)

鍛えられる部位(主導筋)・・・上腕三頭筋(腕)
上腕三頭筋全体を刺激することができる。

動作方法・・・
1、バーベルを持ってベンチに仰向けになる。
2、肘を伸ばし、腕が地面に垂直になるようにバーベルを持ち上げる。
3、肘の位置を固定したまま、肘を曲げてバーベルを下ろしていく。
このとき、バーベルは頭の先か額の上に下ろす。(詳しくは下のワンポイントテクニック参照)
4、肘を伸ばして、腕が一直線になるまでバーベルを持ち上げる。

ワンポイントテクニック・・・
バーベルを頭の先に下ろすと上腕三頭筋の内側頭と外側頭(上腕三頭筋の内側と外側)への刺激が強くなる。
バーベルを額の上に下ろすと上腕三頭筋の長頭(上腕三頭筋の後ろ側)への刺激が強くなる。

バリエーション・・・
1、立って行う – 「スタンディングフレンチプレス」
腕を上方に引き伸ばした状態で行うことになるので、上腕三頭筋の長頭(上腕三頭筋の後ろ側)が強く刺激される。

2、座って行う – 「シーティッドフレンチプレス」
上腕三頭筋の長頭(上腕三頭筋の後ろ側)が強く刺激される。
また、座って行うことにより、下半身による反動を排除して行うことができる。

3、ダンベルで行う – 「ライイングダンベルトライセプスエクステンション
ダンベルで行うことにより、バーベルとは違った刺激を得ることができる。


1件のトラックバック

コメントを残す