ライイングダンベルトライセプスエクステンション

ライイングトライセプスエクステンションは、上腕三頭筋(二の腕の部分の筋肉)を集中的に鍛えるトレーニングです。
左右の手にそれぞれダンベルを持って行うので、左右の筋力のアンバランスを改善する効果もあります。
その他の腕のトレーニングはこちら

■ライイングダンベルトライセプスエクステンション動画

鍛えられる部位(主導筋)・・・上腕三頭筋、肘筋(ちゅうきん、肘のあたりにある小さな筋肉)
上腕三頭筋全体に負荷がかかる。
肘の小さな筋肉にも作用する。

動作方法・・・
1、両手にダンベルを持ってベンチに仰向けになる。
2、両腕を伸ばして、腕が地面と垂直になるようにダンベルを持ち上げる。
3、肘の位置を固定したまま、肘を曲げてダンベルを降ろしていく。
4、ダンベルを下ろしきったら、肘を伸ばしてダンベルを持ち上げる。

注意・・・
動作中に肘の位置を動かさないこと。
肘を固定して行うことによって、刺激を上腕三頭筋に集中させることができる。

バリエーション・・・
1、立って行う – 「スタンディングダンベルトライセプスエクステンション」
上腕を頭上に上げた状態で行うことになるため上腕三頭筋長頭(上腕三頭筋の後面)に強い負荷がかかる。

2、座って行う – 「シーティッドダンベルトライセプスエクステンション」
上腕三頭筋長頭(上腕三頭筋の後面)に強い負荷がかかる。
また、下半身による反動を排除して行うことができる。

3、バーベルで行う – 「ライイングバーベルトライセプスエクステンション
バーベルで行うことで、ダンベルとは異なる刺激が得られる。


1件のトラックバック

コメントを残す