体重が落ちてもスタイルが良くならない理由

厳しいダイエットの成果もあって体重は激減した。
それにもかかわらず見た目はぷっくりしたまま。どうしてもシャープにならない…

こんな経験はありませんか?
ダイエットをしたことがあるなら、多くの人が経験することだと思います。
こんな状況に陥るとシャープな見た目の友人を見て「私はやっぱり彼・彼女とは遺伝子が違うんだ。私はシャープにはなれないんだ。」
なんて言って落ち込んだりしてしまいますよね。
よくわかります。私も昔はそうでしたから。

しかし、原因は遺伝子ではありません。よくあるダイエットの落とし穴にはまってしまっているだけなのです。

ダイエットで落ちるもの~脂肪と筋肉~
多くの人はダイエットによって「体重」を落とすことを目標としますが、その「体重」の正体にはあまり関心がないようです。

多くの人は「体重を落とす=痩せる」と考えているようです。
しかし、これがまさに落とし穴なのです。

体重が落ちたときに、体に何が起きているのか考えてみましょう。

1、脂肪が落ちた
2、筋肉が落ちた
3、脂肪と筋肉が落ちた

の3パターンが考えられます。
これらの3パターンはそれぞれ全く異なった結果です。
それにもかかわらず、多くの人はこれらの全く異なった結果を「体重が落ちた」とひとくくりにしてしまう傾向にあります。
まず、1のパターンはダイエッターが目指すべき結果です。
問題となるのは2、3のパターンです。
筋肉が落ちてしまうとダイエットは失敗へと向かってしまいます。
これは、男性でも女性でも同じです。

筋肉が落ちて起こること~筋肉の役割~
筋肉が落ちることで起こってしまう問題点を整理しておきましょう。

1、基礎代謝が落ちる
2、見た目がぷっくりする

1の基礎代謝が落ちるということは重大な問題です。
しかし、この記事の趣旨とずれるのでここでは触れないことにします。
詳しくは関連記事をご覧ください。
関連→太りにくい体質になるには

ここで問題となるのが、2の「見た目がぷっくりする」です。
筋肉は私たちの体を理想的なプロポーションに保っています。
例えば、腹筋などの胴体の筋肉はコルセットのように腰のくびれを作ってくれます。
引き締まった腕も筋肉が作り出してくれるものです。(男性も女性もです。)

また、脂肪が落ちずに筋肉が落ちてしまった場合は何が起こるでしょうか。
脂肪の量が変わらないにも関わらず、筋肉の量が減ってしまえば、体に占める脂肪の割合は増えてしまいます。
つまり、体脂肪率が増えてしまうということです。(体重は減っているのにです!)

まとめ~体重を落とすから脂肪を落とすへ~
以上のようにして、冒頭にあるような落胆が生まれてしまうのです。
しかし、事実を知っていればなんてことはありません。
やることを「体重を落とす」から「脂肪を落とす」にかえればいいのです。
このような単純な意識改革がダイエットを成功に導くのです。

間違った地図を持っていくら頑張って歩いても目的地にはたどり着けません。
同じように、間違った考え方でいくらダイエットを頑張っても成功することは難しいでしょう。
このサイトはあなたにとって、ダイエットの「正しい地図」の役割を果たすことと思います。
当サイトのダイエット/減量カテゴリーや栄養カテゴリーの脂肪燃焼のための食事およびサプリメント-脂肪燃焼のためのサプリメントカテゴリーがダイエットの「正しい地図」となってくれるはずです。


コメントを残す