プロテインの選び方上級編

様々なプロテインについて知り、あなたにとってベストなプロテインを選択しましょう!

基本的な選び方については、プロテインの選び方基礎編をご覧ください。

プロテインとは?

プロテインとは英語でタンパク質という意味です。
日本で「プロテイン」と言った場合はタンパク質を補給するためのサプリメントである「プロテインパウダー」を指す場合が多いです。

 

プロテインの種類

1、ホエイプロテイン
ホエイプロテインは、現在最も一般的なプロテインです。
ホエイプロテインは牛乳を原料とするプロテインです。
素早く消化吸収されるため、起床直後やトレーニング直後の利用に適しています。
関連→ホエイプロテインを最大限使いこなす

2、カゼインプロテイン
カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同様に牛乳を原料とするプロテインです。
しかし、カゼインプロテインはゆっくりと消化吸収されるという点でホエイプロテインと異なります。
この特徴のために、間食や就寝前の利用に適しています。
就寝前の利用は特に効果的で、就寝中も筋肉に栄養を送り込み続けることができます。
関連→カゼインプロテインの賢い使い方

3、ソイプロテイン
ソイプロテインは、大豆を原料としたプロテインです。
カゼインプロテインと同様にゆっくりと吸収されるので、間食や就寝前に適しています。
また、大豆たんぱくには代謝に関わる甲状腺ホルモンの分泌を促す作用があり、脂肪の燃焼を促進する効果が期待できます。
植物由来なのでヴィーガンの方でも摂取できます。
関連→ソイプロテインを選ぶ3つの理由

4、エッグプロテイン
卵由来のプロテインです。
現在はあまり出回っていません。

 

プロテインが含まれる製品

純粋なプロテインの他にも、プロテインに他の栄養素を添加することで、独特の効果を持つ製品も出回っています。

1、持続型プロテイン
カゼインプロテインをベースに数種類のプロテインと質の良い脂質、食物繊維、その他の栄養素を混ぜたもの。
より長時間栄養を供給できる。
関連→持続型プロテインガイド

3、ウエイトゲイナー
食事のみでは十分なカロリーが摂取できない人に勧められる高カロリーのドリンク。
数種類のプロテインに炭水化物、脂質さらには食物繊維やビタミンミネラルなどの栄養素も添加されたものが多い。
関連→ウエイトゲイナー徹底講座!

4、ミールリプレイスメント(MRP)
タンパク質の他にも、炭水化物、脂質、ビタミンミネラルが含有しており、食事の代わりとして利用できる。
時間がないときの栄養補給に便利である。

5、RTD(Ready To Drink)
そのまますぐに飲めるタイプのプロテイン。
一食分ずつパッケージされている。
外出先で手軽にタンパク質を補給できて非常に便利。
わざわざシェイクする手間がない。
関連→外出先での栄養補給

 

あなたの目的に会ったプロテインは見つかりましたか?
プロテインを上手に使って効率よくトレーニングしましょう!


コメントを残す