ハイプル

ハイプルはクリーンのセカンドプルまでを取り出したトレーニングです。
スナッチハイプルと区別してクリーンハイプルと呼ぶこともあります。
クリーンの補助トレーニングとしても有効ですが、それ自体も瞬発力やパワーのトレーニングとして非常に効果的です。
クリーンとは違い、キャッチしないのでスタンダードシャフトでも行えます。
その他のクイックリフトはこちら

■ハイプル動画

使用器具・・・バーベル

鍛えられる部位(主導筋)・・・足、腰、背中をはじめとする多くの部位
※ハイプルは特定の部位を集中的に鍛えるためのトレーニングではない。
全身の連動(コーディネーション)によっていかに効率よく動作を行うかが重要。

動作方法・・・
1、バーにすねが触れるくらいに近づき、足を肩幅か、もしくは肩幅よりも少し広めに開く。
うでは肩幅か、もしくは肩幅よりも少し広めに開いてバーベルを握る。
握り方はフックグリップかリストストラップを使って握るとよい。
リストストラップの使い方を動画で解説
2、バーベルが膝の高さを通過するまでは、上半身の前傾を保ったまま、足腰の力でバーベルを持ち上げる。
バーベルが膝の高さに達したら、上体を急激に起してバーを真上に引き上げる。
この時点で、腕はまだ曲げずに伸びたままである。
(ファーストプル)
3、バーが股関節の位置まで上がったら、爆発的に床をけってバーベルを引き上げる。
床をける瞬間に両肩を上げる(シュラッグの動作)を入れることによりバーベルが加速される。
この時点でも腕はまだ伸びたまま。
(セカンドプル)
4、3と2の動作を逆再生するようにバーベルを地面に戻す。

注意・・・
動作の最中に背中を丸めると怪我の危険がある。

バリエーション・・・
1、スナッチの手幅で行う – 「スナッチハイプル」
スナッチの補強トレーニングに適している。


コメントを残す