シングルレッグカーフレイズ

シングルレッグカーフレイズはふくらはぎを鍛えるトレーニングです。
自重でも比較的高い強度でトレーニングを行えます。
また、ダンベルを用いて負荷を増やしてトレーニングすることもできます。
その他の足のトレーニングはこちら

■シングルレッグカーフレイズ動画

使用器具・・・なし、またはダンベル

鍛えられる部位(主導筋)・・・腓腹筋、ヒラメ筋(以上ふくらはぎ)
主に下腿三頭筋(=腓腹筋、ヒラメ筋)が鍛えられる。

動作方法・・・
1、片足で立ち、かかとを浮かしてつま先立ちになる。
2、ふくらはぎの筋肉を最大限に収縮させたら、今度はゆっくりとブレーキを掛けながらかかとを下ろしていく。

ワンポイントテクニック・・・
1、上の動画のようにプレートなどを下に敷いて行うことによって可動域を広げてトレーニングすることができる。
2、バランスがとりづらい場合は、壁などに手をついて行うとよい。

バリエーション・・・
1、ダンベルで加重して行う。
バランスがとりづらい場合は片手にダンベルを持ち、もう片方の手で壁などに手をついて行うとよい。

2、両足で行う – 「カーフレイズ
片足で行うよりもバランスをとるのが容易になる。

カーフレイズ

カーフレイズはふくらはぎの筋肉を強化するトレーニングです。
最大限の効果を得るためには、専用のマシンを使用することが望ましいですが、フリーウエイト(バーベルやダンベル)でも効果的なトレーニングが行えます。
その他の足のトレーニングはこちら

■カーフレイズ動画

使用器具・・・バーベル

鍛えられる部位(主導筋)・・・腓腹筋、ヒラメ筋(以上ふくらはぎ)
主にふくらはぎの筋肉が鍛えられる。

動作方法・・・
1、バーベルを肩に担ぎ、まっすぐ立つ。
2、かかとを持ち上げてつま先立ちになる。
3、かかとをできるだけ高く上げたら、ふくらはぎの筋肉でブレーキを掛けながらかかとを下ろしていく。

ワンポイントテクニック・・・
上に動画のように、プレートなどに乗って可動域を増やして行うとより効果的である。

注意・・・
プレートなどに乗って可動域を増やして行う場合は、バランスをとるのが難しくなるので注意すること。

バリエーション・・・
1、片足で行う – 「シングルレッグカーフレイズ
バランス感覚も鍛えられる。
自重でも高い効果を得られる。
壁などの手をついて行ってもよい。

2、座って行う – 「シーテッドカーフレイズ」
太ももの上に重りを置いて行う。
特にヒラメ筋に刺激が集中する。